弁護士法人 長島法律事務所

民事・家事事件Civil and housework incident

交通事故被害と後遺症

3ケ月前に横断歩道上で信号無視した自動車に轢かれて、大腿骨を複雑骨折しました。
手術しましたが、再び今まで通りふつうに歩くことができるかどうか分からないと医師には云われております。
会社は事故後休職しており将来が不安です。
加害者の保険会社の対応は遅く、今後の対応についてどうすればよいでしょうか。

んなお悩みの解決法は・・・

長年、当事務所では交通事故の被害者の方に対しては、基本的に相談料・着手金は戴かず、被害者の方が事故の賠償金を受けたときに、その内から纏めて報酬・実費を戴いております。

相談の交通事故は後遺症認定を受けられる重大事故であり、医師の後遺症診断書を作成してもらう場合は、弁護士が同行して医師と協議しながら後遺症の等級が実際よりも不当に低く認定される要素のない診断書を作成してもらう必要があります。
ページの先頭へ